病気について · 2021/08/03
今日、ご紹介する女性は半年ほど前から毎月、月並祭に参加されている方です。 この方のお姉さん夫婦は6~7年程前から当神社にお越しいただき、何かとお手伝いなどもして頂いております。 お姉さんから大國之宮のお話は聞いておられたと思いますが、この方がご両親と一緒に住んでいるご実家もいろいろとお悩みがあり、ご心労されていたようです。...

2021/08/02
今月は日曜日の開催です。コロナの感染者がまた増えてきましたので参加者は少なめです。 例会の最中に参列者お一人お一人を幣(ぬさ)でお祓いをしておりますと、中のお一人がとても沢山の霊が取り憑いているのが判りました。祓っても祓ってもなかなか取れません。...

2021/07/08
七月七日(水) 18時より七夕祭が執り行われました。 「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれを祓うということから生まれたようです。...

2021/07/06
去る6月30日(水)15時から今年度の夏越の大祓を執り行いました。 夏越の大祓は日本では古来よりご先祖様をまつる夏のお盆を迎えて、それぞれの身の穢れ(けがれ)を祓い清める行事です。 年の前半を無事に過ごせたことに感謝するとともに、半年間の罪や穢れをお祓いし、残り半年も清らかな気持ちで過ごせるよう願う神事です。

2021/06/30
裁判沙汰になった人が再び 今日は山形の会社を経営している社長さんが、管理職のお二人を従え相談にお出でになりました。 この会社では最近大きな仕事を請け負うことになり有難いことなのですが、かなり前に裁判沙汰直前までいったある会社の社長が今回もどうしてもかかわってしまうことになり、この 方に仕事を邪魔されないかとご心配の様子でした。

お祓い · 2021/06/17
●あまり土地柄の良くない土地 毎年6月と12月にお伺いしている世話人さんののお宅に大祓いにお伺いしました。 こちらのお宅は土地柄があまりよくなく、昔の戦場だったようです。いくさに向かう武者が行列で歩いている様子や、首の無いお侍さんが馬に乗って通っていくのが見えたりしました。...

2021/06/12
◇日本人と禊祓(みそぎはらい) 血の穢(けが)れ、死の穢(けが)れなど、穢(けが)れにはいくつかの種類がありますが、こうした穢(けが)れがあると、魂も穢(けが)れてしまうというのが日本人の考え方です。 ◇原因不明の不調や不幸...

病気について · 2021/06/11
◇目が突然開いたり閉じたりしてしまう。 この度ご紹介する方は、70代の高齢の女性です。かなり前から原因不明の眼病を患い、いろいろな病院を受診しましたが、原因が判らず途方に暮れていました。...

2021/03/26
●3月21日(日)コロナ災のなか、親しい信徒さんたちにお集まり頂き「春の彼岸祭」が行われました。 全国から沢山の供養の申し込みがあり、心のこもったお供物や水子ちゃんへのお手紙などを送っていただきました。...

お祓い · 2020/10/24
この方は奥様に先立たれ、一人暮らしをしていたお年寄りの方です。 しばらく姿を見かけないのでご近所の方の連絡で、娘さんたちがお部屋に入ったところ、室内はゴミ屋敷のようになっており、ごみの中の一部だけ少し隙間があり、そこのコタツに入ったまま亡くなられていたようです。 「中学校の英語の先生」...

さらに表示する