●売れない土地が売れた。 令和2年8月30日

今日は仙台市内のある不動産会社の社長さんが御礼とご報告に参りました。

この方は今年の5月中頃、お客様より売却依頼を受けた土地が1年経過してもなかなか売れなくてお困りとのことでした。

また、新しい事業展開のため、手持ちの不動産の売却も計画していたようですが、これもなかなか売れず何とか売却したいとのことでした。

 

お話の内容をお伺いしますと、それなりに難があり、売却の難しい物件のようでした。早めに現地にて祈祷を行い、土地を清め大祓いをした方が良いと思われましたので、5月の末に予定を組み祈祷を行いました。

その後うまく売却できればいいなと思いながら2か月ほどたったころ、その社長さんから、8月の初めに1件の契約が進みそうだとのご連絡を頂きました。その後さらにもう1件の不動産もお話が進み契約に進みそうとのことで本日、御礼にいらっしゃいました。

 

その後の経過を当職も気に掛けておりましたので、今日のご報告はことのほかうれしいお話でした。その社長さんは近いうちに神様に改めて御礼詣りに参りますとお話をされお帰りになりました。

不動産は長い歴史の中で、そこにかかわった様々な人々の思いや念が残っており、それらがいろいろな障害となり邪魔をすることも多々あります。当神社ではそのような障害を祓い清め、物事がスムーズに進むお手伝いもしております。