◆水子に関するご相談


◇水子の嘆き(栃木県・男性)

◆電話が鳴り、お寺の奥さんという方から相談が寄せられました。2、3年前からご住職の妙な性癖に悩まされているというのです。夜の十時ころになると、決まって何かに呼ばれたかのように庭に出て、ウオーと大きな声を張り上げるのだそうです。また、床屋で洗髪の際に、頭を長いこと触られていると気を失ってしまうというのです。檀家の方々の耳に入る前に、何とかしたいのですが、ということでした。

出張日を取り決め大巫女と共に伺ってみると、かな りなお墓に囲まれた歴史の深そうなお寺でした。聞けばもともとは尼寺だったのですが、いつの頃からか婿取りをするようになり、男性の住職に切り替わったそうです。それ以来なぜか産まれる子は女ばかりで、結局婿養子で住職をつないで来たというのです。もちろん、ご自分たちも奥様が直系で、ご住職は北陸の方だそうです。

そんな訳もあってお二人とも子供のことではトラウマのようになり、妊娠する度に流してしまったそうです。しかし、そんなことをいつまでも続けていくこともできず、ご夫婦で決心をして子供をもうけましたが、案の定、三人続けて女の子が産まれ、以後出産をあきらめたということです。今は長女に婿さんを迎え、後継ぎとして修業をさせていると のことでしたが、その子供さんもやはり女の子が三人です。

こうしたお話しを聞いている内に、突然大巫女が今お寺のご本尊さまからメッセージが入りましたというのです。ご本尊さまが元の場所に戻して欲しいと望んでおられることを伝えてきたというのです。聞けば、このお寺は昔泥棒に入られたことがあり、それを機にご本尊を別のところに移しましたが、今でもそのままになっているというのです。それを聞いたご住職は、甚く恥じ入ったご様子でしたが、早速にお移しするお約束をなされ、大國之宮にもその際の儀式を手伝ってほしいと要請なされました。

ところで大巫女には、ご住職の奇癖の原因が、その他にもあることを感じとっていたのです。先ほどからご住職の頭に 膝に、小さな子供が七人まつわりついているのが見えるというのです。幼き命を摘まれた水子たちが、その無念さを伝えたいのでしょう。でも、ご家族の前でそうはっきりとはお伝えできませんから、幼い御霊さんたちにお詫びのみ祭りとみ霊上のみ祭りを執られるようお勧めしました。 

快く承諾なされましたので、後日ご本尊さまの遷霊祭と日を改め水子供養祭を執行させていただきましたが、それ以来、お寺の雰囲気は変わり、ご住職の奇病も消え、床屋さんにも気楽に行けるようになったと大変感謝されました。